ファームウェアアップデートについて
Android 端末の接続について
Android 端末を接続しても認識されない場合

Android 端末を本製品に接続する場合、あらかじめ以下の手順でUSBデバッグをONにしてください。
また、端末のセキュリティーのため、コピー完了後にはUSBデバッグをOFFにすることを強く推奨します。

Android 4.0以降のバージョンでの手順
  1. 「設定」アプリから「端末情報」を開き、「ビルド番号」を7回連続でタップします。
  2. 「設定」アプリに戻ると、「開発者向けオプション」が表示されますので、それを開きます。
  3. 「開発者向けオプション」をONにし、その中の「USBデバッグ」もONにします。

USBデバッグをONにする(Android 4以降)

機種(Androidのバージョン)によっては、「開発者向けオプション」のチェック(タイトル部分)が無いものがあります。 その場合は「USBデバッグ」のみをONにしてください。
コピー完了後は、「USBデバッグ」と「開発者向けオプション」の両方をOFFにします。

Android 4.0未満のバージョンでの手順
  1. 「設定」アプリから「アプリケーション」を開き、その中の「開発」を開きます。
  2. 「USBデバッグ」をONにします。

USBデバッグをONにする(Android 2以降)

コピー完了後は、「USBデバッグ」をOFFにします。

一部機種(HTC製やLG製などの海外製のものに多いです)では、USBデバッグを有効にしても認識されない場合があります。
その場合は、USB接続モードを変更してください。
機種によるため一概には言えませんが、USBテザリングを無効にする、接続モードを「MTP」や他のものに変更してみる、等をお試しください。

iPhone から iCloud の連絡先データも読み込む方法
iCloud と連絡先を同期している iPhone からコピーした場合に、「読込元の携帯電話に電話帳データがありません」となる場合や、一部のデータしかコピーされていない場合

iCloud 上の連絡先データは、そのままでは本製品ではコピーできません。
iCloud 上のデータを本製品にてコピー(読み込み)するには、あらかじめ以下の手順で iCloud 上の連絡先データを本体に移行してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「設定」の画面で、「iCloud」を選択します。
  3. 「iCloud」の画面で、「連絡先」のスイッチをOFFにします。
  4. 以前同期した連絡先をどうするかを訊かれますので、「iPhoneに残す」を選択します。

iCloudの連絡先をOFFにする

iPhone から Exchange (au iPhoneの ◎Eメール) アカウントの連絡先データも読み込む方法
au iPhone でメールアプリ(Eメール)でEZwebメールをご利用されている場合など、連絡先が Exchange アカウント(au の場合は「◎Eメール(...@ezweb.ne.jp)」アカウント)に保存されている場合

Exchange アカウントなど外部サーバ上の連絡先データは、そのままでは本製品ではコピーできませんが、あらかじめ連絡先データを本体に移行することで、本製品でのコピー(読み込み)が可能になります。
例えば、以下の手順にて移行できます。 (サードパーティー製のアプリを使用する手順です。アプリについては弊社でのサポートはできませんので、提供元の情報をご確認ください。)

  1. INTSIG Information Co.,Ltd が提供している「連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit Free」を iPhone にインストールします。
  2. インストールした「Contacts Kit」アプリを開きます。
  3. 「エクスポート」を押します。
  4. 「ステップ1/2」の画面で、「連絡先を指定」を選択します。
  5. 「連絡先を指定」の画面で、「Exchange」グループ内の「Contacts」のみを選択し、「完了」を押します。
    お使いの状態(アカウントの名称)によって、表示される名称が異なる場合がございます。 コピーしたい連絡先がある外部アカウントを選択してください。
  6. 「ステップ1/2」の画面に戻るので、「連絡先を指定」が選択されていることを確認して、「次へ」を押します。
  7. 「ステップ2/2」の画面で、「vCard」を選択し、「エクスポート開始」を押します。
  8. しばらくすると「エクスポート完了」の画面になるので、「完了」を押します。
  9. 「設定」アプリを開きます。
  10. 「設定」の画面から、「メール/連絡先/カレンダー」を選択します。
  11. 「メール/連絡先/カレンダー」の画面から、対象の Exchange アカウントを選択します。
    au iPhone の ◎Eメールの場合は、「◎Eメール(...@ezweb.ne.jp)」となっているものを選択します。
  12. Exchange アカウントの設定画面から、「連絡先」のスイッチをOFFにします。
  13. 「iPhoneからすべてのExchange連絡先が削除されます。」の確認が表示されますが、「iPhoneから削除」を選択します。
    「iPhoneから削除」を選択しても、このiPhoneでは表示されなくなりますが、Exchange アカウント上(サーバー上)には連絡先データは残ります。 このアカウントでの「連絡先」のスイッチをONにすれば、このiPhoneでも連絡先が再度表示されます。
  14. 「Contacts Kit」アプリを再度開きます。
  15. 「インポート」を押します。
  16. 「ファイル管理」の画面で、前の手順でエクスポートしたものを選択します。
  17. 「紹介」の画面で、「インポート」を押します。
  18. 「インポート設定」の画面で、「新しい連絡先を追加する」を選択し、「すべての連絡先をインポートする前に削除します」はオフのままにして、「開始」を押します。
  19. しばらくすると「インポート完了」の画面になるので、「完了」を押します。

Exchangeの連絡先をOFFにする

iOS 10 の対応について
2016年8月以前に出荷された製品では、iOS 10 がインストールされた iPhone へ対応するためにファームウェアのアップデートが必要です。 詳細は、iOS 10 の対応について をご確認ください。