携帯シンク[電話帳]で、Android携帯電話へ電話帳を移行できます

携帯シンク[電話帳]に追加されたAndroid連携機能を使うと、今まで使っていたガラケーの電話帳を、Android携帯電話の電話帳へ書き込むことができます。 また、Android携帯電話の電話帳データを、携帯シンク[電話帳]でバックアップしておくことも可能です。

概要図
携帯シンク[電話帳]の画面 Androidアプリ画面 Wi-Fiで通信中 Bluetoothで通信中
Wi-FiまたはBluetooth経由で通信をします
ケーブルを接続したり、SDカードを抜き差ししたりといった煩雑な作業は不要です。
インターネット上のサーバやクラウドサービスを利用することもなく、外部との通信や外部へデータを保存するといったことを行いませんので、データ漏洩のリスクも低く抑えられます。
Wi-Fi経由で通信をする場合は、Android携帯電話と Mac が同じサブネット上に接続されていることが必要です。
Android携帯電話の電話帳のバックアップにも使えます
Android携帯電話から Mac 上の 携帯シンク[電話帳] へインポートする機能もありますので、定期的にAndroid携帯電話の電話帳データを Mac にバックアップすることができます。
本体電話帳などのサーバと同期していない電話帳データに特に有用です。
対象とするAndroid携帯電話上のアカウントを選択できます
Android携帯電話では、電話帳データがアカウント(googleアカウント、Exchangeアカウント、本体、等)毎に管理されていますが、そのどのアカウントを対象にインポート・エクスポートするかを指定できます。

  • 携帯シンク[電話帳] Android連携機能は、Mac にインストールする KSyncPB android plug-in と、Android携帯電話にインストールする 携帯シンク[電話帳] 中継アプリ の2つで構成されます。
    KSyncPB android plug-in携帯シンク for Mac のダウンロードページから、携帯シンク[電話帳] 中継アプリ携帯シンク[電話帳] 中継アプリ - Google Play の Android アプリ (https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.reudo.android.ksync.ksyncpbgate)から、それぞれダウンロードできます。
  • 携帯シンク[電話帳] Android連携機能 は、現在のところ、携帯シンク for Mac の バージョン 6 を購入いただいた方に無償で提供しております。
    (バージョン 5 をご購入いただいて、バージョン 6 へ無償アップデートされている方については、対象外となっております。)
  • Android携帯電話への書き込みは「エクスポート」になりますので、あらかじめ登録されている電話帳データは削除されず、追加で登録されます。

動作環境

Mac
Mac OS X 10.6 以降
携帯シンク for Mac 6 の バージョン 6.52 以降 (電話帳機能のバージョン1.94(1015.3)以降)
Mac OS X 10.5 (Leopard) については、2013年をもってサポートおよびアップデートの提供を終了させていただきました。
Android
Android 2.1 以降
その他
Mac と Android 双方が Bluetooth に対応しているか、Mac と Android が同一サブネットに接続されている必要があります。
ガラケーから電話帳を読み込む機能については、携帯シンク for Mac の電話帳機能と同等です。 詳細については、対応携帯機種検索 および 携帯シンク for Mac 電話帳機能マニュアル をご確認ください。

使い方

  1. Mac に KSyncPB android plug-in をインストール

    Mac から 携帯シンク for Mac のダウンロードページ にアクセスをして、KSyncPB android plug-in をダウンロードおよびインストールしてください。

    ダウンロードには、携帯シンク for Mac 6 のライセンスキーが必要です。
    お使いの 携帯シンク for Mac のバージョンが 6.52 より前のものの場合、携帯シンク for Mac もアップデートしてください。

  2. Android携帯電話に 携帯シンク[電話帳] 中継アプリ をインストール

    https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.reudo.android.ksync.ksyncpbgate Android携帯電話から 携帯シンク[電話帳] 中継アプリ - Google Play の Android アプリ (https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.reudo.android.ksync.ksyncpbgate) にアクセスをして、携帯シンク[電話帳] 中継アプリをインストールしてください。

  3. Mac 上の 携帯シンク[電話帳] でインポートまたはエクスポートの準備をする

    Mac で 携帯シンク[電話帳] を起動してください。

    インポート(Android携帯電話の電話帳データを携帯シンク[電話帳]へ読み込む)の場合
    [ファイル]メニューの [インポート] にある [Android端末から...] を選択してください。
    エクスポート(携帯シンク[電話帳]のデータのAndroid携帯電話へ書き込む)の場合
    Android携帯電話に書き込みたい電話帳データを、携帯シンク[電話帳]で開いてください。 または、ガラケーから読み込んでください。
    [ファイル]メニューの [エクスポート] にある [Android端末へ...] を選択してください。

    インポートまたはエクスポートのパネルが表示されたら、「Wi-Fi」または「Bluetooth」を選択してください。

  4. Android携帯電話で、携帯シンク[電話帳] 中継アプリ を起動して開始する

    携帯シンク[電話帳] 中継アプリを起動して、[開始(Wi-Fi)] または [開始(Bluetooth)] のボタンを押してください。

  5. Mac 上の 携帯シンク[電話帳] でインポートまたはエクスポートを実行する

    携帯シンク[電話帳] で表示されているインポートまたはエクスポートのパネルで、[インポート]または[エクスポート]ボタンを押して、実行してください。

    Wi-Fi経由の場合は、Android携帯電話上の 携帯シンク[電話帳] 中継アプリ に表示されている接続キーを入力する必要があります。

更新履歴

KSyncPB android plug-in バージョン 1.0a
2012/07/26
OS X Mountain Lion に対応。
(インストーラのみの変更です。 旧バージョンを既にインストールされている場合は、バージョンアップは不要です。)
このバージョンが、Mac OS X 10.5 (Leopard) に対応する最終バージョンとなります。
携帯シンク[電話帳] 中継アプリ バージョン 1.02
2012/07/18
Androidの電話帳に登録されているデータに非対応文字が存在した場合にエラーとなる不具合を修正。
携帯シンク[電話帳] 中継アプリ バージョン 1.00、KSyncPB android plug-in バージョン 1.0
2011/08/22
初版
KSyncPB android plug-in をダウンロード
携帯シンク[電話帳] 中継アプリ をダウンロード (Google Play の Android アプリ)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.reudo.android.ksync.ksyncpbgate

携帯シンク[電話帳] 中継アプリ プライバシーポリシー

  • 携帯シンク[電話帳] 中継アプリ(以下「本アプリ」は、お客様の端末内に保存されている個人情報(連絡先)にアクセスする機能を有します。
  • 本アプリがアクセスして取得した個人情報は、Mac 上で動作する本アプリの関連製品である「携帯シンク for Mac」へ、Bluetooth または Wi-Fi 経由で渡されます。 それ以外の用途で、個人情報を利用する設計・実装はされていません。
  • 以上より、リュウド株式会社(以下「弊社」)は、本アプリが取得した個人情報を入手・取り扱うことはありません。
  • 以上に反して、本アプリの不具合等の理由で弊社がユーザの個人情報を入手できた場合、すみやかにそれらを破棄するとともに、可能な範囲での本アプリの改修を行います。