What is "きゃりーるんるん"?

ルンバ専用ホームベース機能拡張ドック「きゃりーるんるん」ルンバ専用の「ホームベース機能拡張ドック」です。

ホームベースを製品内部に設置することでルンバを「収納」し、コンセントから電源プラグを抜くだけでホームベースごとまとめてらくらく移動ができます。

ルンバがホームベースに接続した状態で運搬できるので、ホームベース一式の再設置・再充電の手間がかかりません。

ルンバが自力では行けない階段・段差を上った先や少し離れた部屋で稼働させたい、急な来客でルンバを一時的に移動させたい、発進時・帰還時で場所を変えたい、などなど様々なニーズをよりかんたんに実現します。

※ルンバはiRobot社の登録商標です。

製品仕様

サイズ表記

  • 製品名    :ルンバ専用移動用機能拡張ドック 「きゃりーるんるん」
  • 型 番    :RE-CRYRMB-01
  • JAN    :4939895072303
  • サイズ    :最大幅40cm x 奥行35.5cm(アタッチメントなしは30cm) x 高さ13cm(キャリングハンドル込)
  • 本体重量   :約1.6kg(アタッチメント未使用時は約1.5kg)
  • 材質     :ハンドル・アタッチメント・固定用ネジ:ステンレス プレートユニット:鉄(半艶電解塗装)
  • 企画・販売  :リュウド株式会社
  • 生産地    :新潟県燕市
  • 製品保証   :弊社1年保証

製品の特徴

ルンバにもっといろんな場所で掃除してもらいたいあなたへ

きゃりーるんるん使用イメージルンバを既にお持ちの方も、検討中の方も、ルンバに掃除してもらいたい部屋の具体的なイメージとプランがあると思います。

たとえば、
・いつもキレイにしておきたいリビングは毎日稼働
・寝室や子供部屋などはかけたくなった時だけかける
・毎月10日は1F、20日は2Fと決める
など、折角のルンバをいろいろな部屋で使ってみたい。そんな思いはありませんか?

    

しかし…いつも決まった部屋ではない、他の部屋でルンバを動かすとなると普段と勝手が違います。
・ホームベースやバーチャルウォールの置き場所
・効率よく掃除ができるか
・バッテリーが充電されているかなど、様々なことを考えながら準備を行う必要があります。

    

このような悩みを解決すべく開発されたのが、ルンバ専用移動用機能拡張ドック「きゃりーるんるん」です。

ホームベースごと移動ができるから、らくらく移動!かんたん管理!

きゃりーるんるん使用イメージベースごとらくらく移動

「きゃりーるんるん」最大の特徴は、ホームベースとルンバをまとめて簡単に移動ができることです。

他の部屋への移動はもちろん、ルンバが自力で越えられない階段、ちょっとした段差を上った先、急な来客でルンバごと一時的に別の場所へ置きたいなど、ホームベースごとまとめて移動したいケースは多々あります。

付属の「ACアダプタアタッチメント」を使用すれば、ACアダプタが付随するモデルでも、アダプタごとまとめて運搬可能です。

ルンバをホームベースに接続したまま、電源プラグ抜き差しだけの簡単再設置

ルンバ帰還図 ドッキング状態を保ちます

「きゃりーるんるん」は、ルンバがホームベースと接続している状態を維持します。

ルンバ帰還時から運搬直前まで充電を行いつつ、運搬時の手間は必要最小限。
ルンバが収納された状態で電源プラグを抜いてそのまま運搬するのみです。場所を決めて再設置したら、電源プラグを差し込めばすぐに充電再開。
再設置時に、ルンバの充電口とホームベースを合わせて接続する作業も不要です。

ACアダプタアタッチメント付属。ACアダプタとオートバーチャルウォール1台をそれぞれ格納可能

500/600/700シリーズなど、ACアダプタ付随モデルでもかんたんにまとめて格納できる「ACアダプタアタッチメント」付属。
持ち運びにかさ張るACアダプタを装着して、ルンバ本体・ホームベース・ACアダプタの全てがひとまとめになります。

移動時のみならず、普段から格納しておくことで、持て余し気味なコードの長さ調整にも便利です。

同時にオートバーチャルウォール1台も収納可能。再設置の為に部屋を往復する手間を最小限にし、バーチャルウォールの置き忘れ・運び忘れ防止にも一役買います。

    

ACアダプタが付随しないモデルや、奥行きの長さを最小限にしたい場合など、アタッチメントが不要な方は外した状態でお使いください。
固定はネジ1本だけのシンプルな装着法。後で取り付け・取り外しがしたくなっても、ドライバー1つですぐにセッティングが可能です。

美しく機能的なこだわりのデザイン、日本の誇る金属加工技術の街、新潟県燕市で生産しています

シンプルな配色のルンバに合わせて、光沢のあるシルバーと半艶消しのブラックのみで配色をしています。
ルンバごと移動した先でも機能性を維持しつつ、そのままインテリアとしてもお使い頂けるコンセプトの設計です。

機能面では、運搬時の安定性を高めつつ、万が一の飛び出しを防ぐ「ホイールピット」や、ルンバ収納時に直接ボタン操作をしやすい「キャリングハンドル」など、使いやすさも考慮した趣向が各所に散りばめてあります。

                    

安全性・信頼性の高いメイド・イン・ジャパン製品の中でも世界的に随一の技術を誇る新潟県燕市で製造し、製品一つ一つを丁寧な仕上がりでお届けします。

使用方法

梱包内容と各部の名称

                        

本製品には、以下の内容が梱包されています
※詳細は製品付属のマニュアル、およびこちらのPDFにてご確認ください。

                        

・プレートユニット
・キャリングハンドル
・ACアダプタアタッチメント
・すべり止めチューブ×2
・背面固定ネジ
・ホームベース固定用両面テープ

                        

製品組立

手順@

@キャリングハンドルの先端2か所を、プレートユニット両端の円柱状部分に差し込みます。

Aプレートユニット後部とキャリングハンドルの間にACアダプタアタッチメントを挟むようして、背面固定ネジ(#1)で固定します。
固定完了後、すべり止めチューブ(#2)を左図2か所にはめ込んでください。
(ACアダプタアタッチメント不要の場合は、プレートユニットとキャリングハンドルだけを背面固定ネジで固定します)

Bルンバのホームベースを、本製品に付属の両面テープでプレートユニットに装着してください。
装着する位置は背板と中心を合わせ、できるだけ背板の近くにしてください。

※ベースユニットへ装着した際、最後に上から軽く押しつけて固定してください。
※赤外線送信部の中心が、2本のワイヤーの間になるように中心部を合わせてください。

                        

ルンバ収納図

ACあり class=ACアダプタ付随のルンバは、このように本製品に収納します。
ルンバの操作方法および機能は変わりません。
タイマー、リモコン対応機種もそのままご使用可能です。

装着図1 class=装着図2 class=

ACアダプタアタッチメントには、「オートバーチャルウォール1台(バーチャルウォール、お部屋ナビは不可)」「ACアダプタ」の2つを取り付けることができます。

                        

ACなし class=ACアダプタが付随しないルンバは、ACアダプタアタッチメントを装着せず、本製品に収納します。
ルンバの操作方法および機能は変わりません。
タイマー、リモコン対応機種そのままご使用可能です。

                        

ルンバ運搬方法

持ち運びイメージ class=

@本製品に装着されたホームベースにルンバを帰還させます。

持ち運びイメージ class=

Aルンバの帰還を確認後、電源プラグを抜き、本製品のキャリングハンドルを持ち移動します。

持ち運びイメージ class=

B稼働させたい場所に本製品を置き、電源プラグを差し込みます。

持ち運びイメージ class=

CCLEANボタンを押せば、そのままルンバが発進します。

                        

注意事項

正しい運搬法○ class=運搬法× class=

・運搬時には、ルンバの飛び出しや落下を防止するため、必ずルンバ発進口を少し上に傾けて持ち運んでください。
・ルンバの誤作動、故障を防止するため、ホイールは空中に浮いた状態で移動してください。(メンテナンス等でルンバを動かす際も同様)
・タイマー、リモコン対応機種の場合、必ず本製品を地面に設置した状態で起動してください。

このページトップへ

主な取り扱いショップ

本製品は、下記販売店にてご購入いただけます。